Vocal@RAG
ボーカルをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

歌の音程が下がり気味になる原因と改善のコツ!

自分の歌を録音して聴くと、思っているより「音程が低かった」という経験のある人は、結構多いのではないかと思います。

歌を長くやってきて、音楽に対して耳がこえてくるほど音程は気になるものです。

これは、プロシンガーでもレコーディングして聴き直したときに、少しピッチ(音程)があまい……と気づくことがあるほど、実は繊細な部分でもあります。

あまり音程だけを気にして歌うのも、ダイナミックさに欠けたりデメリットとなりますので、人が聴いて気持ちいい音程に当たればOK、と考えておくぐらいがよいでしょう!

音程が下がり気味になる原因によって、その改善のコツも違ってきます。

1. 低音はズレないのに、高音だけ、なぜかズレる

音程を上げるための喉の運動を邪魔している可能性があります。

これは最も多いケースだと思いますが、高音発声時に、喉に余計な力が入り音程が上がらなくなってしまうケースです。

気合や精神論だけで出そうとしても改善は、難しい……でしょう。

改善するには、小さい声で行うボイストレーニングが良いでしょう。

高音は、声帯を伸ばすことで生まれるものですので、大声でその動きを妨げる力が入らないようにするために、小さい声でトレーニングを行っていきます。

2.歌いながら自分の声を聴けていない

ボーカリスト

http://o-dan.net/ja/

ステージ本番などでやってしまいがちです。

冷静に自分の声が聴けていないケースです。

もちろんステージ本番であれば、細かいことよりお客さんを楽しませるのが第一優先なので、多少、音程が下がったりしても悪くない結果となることもありますが。

改善のコツは、自分が思っているより、音は常に上から高めに取ることです。

特にカラオケは、高めに取ると良いでしょう。

なぜなら、エコーが効き過ぎていると音がぼやけてしまい微妙に音が低い場合、それを助長するかのように、さらに音程が下がって聞こえます。

まずは、スピーカーから聴こえてくる自分の声をよく聴くこと。

そして「音は、常に、高めをねらう!」ことを意識してみてください。

3.睡眠不足である

寝る男性

http://o-dan.net/ja/

睡眠不足は、歌に大きく影響します

声は、とてもデリケートなもの。

メンタルや体の疲れが、思いっきり声に表れます。

高音は、当然エネルギーを使いますので、疲れていると音が到達しづらくなります。

スポーツと歌はとても似ています。

スポーツ選手が体調管理をしっかりしているように、シンガーも、気を付けておかなければいけません。

まとめ

音程が下がり気味になる原因と改善のコツ!

  • 喉は力まず、小さい声で発声トレーニングを行う
  • 自分の声は、スピーカーから聞こえてくる声をよく聞こう!
  • メンタルと体は、疲れをためないで、しっかり管理すること

この記事を筆者のサイトで読む

著者プロフィール

仙台のボイストレーナー

KAN

東京の大手ボーカルスクールや、横浜のR&B専門スクールの講師として生徒を育成。

喉の構造を、科学的視点から専門研究。

喉声を改善し、高音を楽に出す従来のボイストレーニングとは全く違うトレーニング法で多くの悩みを解決し、延べ300人以上の指導に当たる。

現在は、宮城県仙台で指導しています。

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。

実際に、あなたの声を聴かせて頂き、アドバイスいたします。

また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

ウェブサイト:https://www.loosevoice.com

ブログ:http://loosevoice.hatenablog.com

Twitter:loosevoice

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます