Vocal@RAG
ボーカルをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

高音を楽に出すコツ。歌唱編

今回は、曲の中で楽に高音を出すコツをお伝えします!

高音に悩みを持っている人は、ぜひ、実施してみてほしいと思います。

曲の中で高音を楽に出すには?

ボーカリスト

http://o-dan.net/ja/

「同じ高さの音」なのに、声が出しやすい場合と、出しにくい場合があります。

例えば、よくあるのが、発声練習では出る音なのに、歌になると、なぜか出せないという場合。

一体、何かそうさせてしまうのでしょうか?!

発声練習の目的は、歌を上手に表現するためのものですので、歌で成果が出せないのは、もったいないことですよね。

歌い出し(第一声目)が高音の場合

まず、1つ目のパターンとして、いきなり高音から始まるフレーズの場合です。

この場合に重要になるのが「息を吸うタイミング」です。

成功のコツは、息を吸うタイミングを、ほんのわずかでいいので、早めに吸って準備をします

例えば、「せ~の」のカウント後に、高音を出すとしたら、ほとんどの人は「せ~の」の「の」で、息を吸うと思います。でもこのタイミングでは遅いのです。

それよりもわずかに早いタイミングで息を吸って、肺に息をためている時間を長く作ります。

声を出す準備(=息を吸うタイミング)を早めに、行っておくことで驚くほど楽に高音が出せるようになります。

曲の歌い出しや、サビの歌い出しなどで使えます。

フレーズの途中に高音がある場合

フレーズの途中やおしりに高音がある場合は、その高音に到達する前の声がポイントになります。

フレーズの途中に高音がある場合、歌っている側の心理としては「その高音から大きな声を出そう!」と思ってしまいます。

という事は、高音がやってくる前の声は、そんなに声量を出していない。

これが、出しにくくなる原因です。

成功のコツは、高音がやってくる前の声で、しっかり声量を上げていくことです

これは意外!と思われるかもしれませんね。

「高音の前に声量を出してしまったら、高音がやってくる時には、エネルギーが無くなって出ないんじゃないの?」と考えてしまいますが、そうではないのです。

発声練習では、なぜ楽に高音が出るのかといいますと、音階が下から順番に上がっていくからです。

下から順番に上がっていくと、声量を徐々に上げていきやすいんです。

でも、曲になると、いきなり高音がやってきたり、低音から一気に高音にジャンプしたり……。

メロディーによって高音のタイミングもさまざま。

高音を楽に出すには、「早めの準備」が何より重要なポイントです。

ぜひ、あなたの練習曲で実践してみてくださいね!

著者プロフィール

仙台のボイストレーナー

KAN

東京の大手ボーカルスクールや、横浜のR&B専門スクールの講師として生徒を育成。

喉の構造を、科学的視点から専門研究。

喉声を改善し、高音を楽に出す従来のボイストレーニングとは全く違うトレーニング法で多くの悩みを解決し、延べ300人以上の指導に当たる。

現在は、宮城県仙台で指導しています。

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。

実際に、あなたの声を聴かせて頂き、アドバイスいたします。

また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

ウェブサイト:https://www.loosevoice.com

ブログ:http://loosevoice.hatenablog.com

Twitter:loosevoice

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます