Vocal@RAG
ボーカルをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

高音発声に欠かせない喉の筋肉「輪状甲状筋」とは?

ボーカリストにとっては、自分の体自体が楽器です。

今回は、声を出すためには、欠かせない「喉の筋肉」について解説したいと思います。

高音を出すために欠かせない喉の筋肉とは?

喉の中(喉頭)。歌に必要な筋肉

上記の絵は、喉(のど)の中(喉頭)を表したものです。

一番上の白い軟骨が「舌骨」、真ん中の大きい肌色の軟骨が「甲状軟骨(=のどぼとけ)」です。

そして、赤色に染めてある部分が、高音発声に欠かせない喉の筋肉、名前は「輪状甲状筋」といいます。

左右に、2枚ずつくっついています。

この筋肉が、しっかり動いてくれれば、人間の喉からは、高音が生まれるような仕組みになっています。

1. 輪状甲状筋が動くと、なぜ高音が出るのか?

輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)が縮む

まずは、声は声帯から生まれる、ということを知っておきましょう。

その声帯は、伸びたり縮んだり、開いたり閉じたり、厚くなったり薄くなったり、柔軟に形状を変化できます。

そして、高音が出る時、声帯は「伸びる」が必要になります。

声帯が伸びると、質量は軽くなり、厚さは薄くなります。

弦楽器で想像してみてください。

例えば、バイオリンの弦で考えてみましょう!

「①短くて緩んだ弦」と「②長くて張った弦」では、どちらが、高い音が出そうでしょうか?

何となく想像で分かりますよね、正解は②の「長くて張った弦」です。

だから、声帯をしっかり伸ばすことができれば、自然と高音は生まれます。

2. 輪状甲状筋が動くと、なぜ、高音が出るのか?

のどぼとけ(甲状軟骨)が前下方向に倒れる

声帯がある場所は、のどぼとけ(甲状軟骨)の中です。

上記の絵の肌色の大きい部分の中にあります。

V字の形をしていて、V字の前後は軟骨にくっついています。

※V字のとんがっている方は、甲状軟骨の内側前部分にくっついている。

この輪状甲状筋が縮むと、のどぼとけ(甲状軟骨)が、引っ張られて、前下方向に少し倒れてきます。(イメージできますでしょうか?)

すると、なかに入っている声帯も引っ張られて伸びるのです!

3. 輪状甲状筋が縮む感覚はあるのか?

喉

https://morguefile.com

感じることはできないでしょう

声を出しながら、この筋肉が縮んでいる感覚を得ることは不可能でしょう。

感じる必要もないのですが。

では、どのようにして縮むようにトレーニングしていくのか?

それが、ファルセットボイスです!

『ファルセットボイス』裏声を綺麗に出すコツ! – ボイストレーニング “駆け込み寺”

ファルセットボイス、いわゆる、「裏声発声」をしている時に、輪状甲状筋は縮む働きを、頑張ってくれています!

なので、高音を出したい人は、裏声トレーニングが必須になるというわけなのです。

科学的ですね!

「裏声なんて……」と思って練習をおろそかにしてしまうと、いつまでも地声の高音が出ませんので、ぜひ、しっかり練習をしてくださいね!

この記事を筆者のサイトで読む

著者プロフィール

仙台のボイストレーナー

KAN

東京の大手ボーカルスクールや、横浜のR&B専門スクールの講師として生徒を育成。

喉の構造を、科学的視点から専門研究。

喉声を改善し、高音を楽に出す従来のボイストレーニングとは全く違うトレーニング法で多くの悩みを解決し、延べ300人以上の指導に当たる。

現在は、宮城県仙台で指導しています。

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。

実際に、あなたの声を聴かせて頂き、アドバイスいたします。

また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

ウェブサイト:https://www.loosevoice.com

ブログ:http://loosevoice.hatenablog.com

Twitter:loosevoice

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます